セラミドの化粧品を使って肌に自信を付けよう

肌を清潔に

背中

石鹸成分も影響がある

背中ニキビの原因は色々と有りますが、大きく関わっているのがマラセチア真菌と言うカビの一種です。常在菌としていつも肌の表面に存在していますが、抵抗力が弱まってしまったり、皮脂が過剰に分泌してしまうとその影響を受けやすくなり、結果背中ニキビになってしまいます。顔のニキビの場合は化粧品の成分や髪の毛の刺激等も悪化させてしまう原因になりますが、背中ニキビの場合は化粧品が関係している事は少ないのが実情です。そもそも背中にはメイクをしないからです。ただ髪の毛の長い人は整髪料、さらにシャンプーやコンディショナー等にも実は注意しなければいけません。髪が長い人は整髪料がどうしても髪の毛だけでなく肌にも付着してしまいがちです。肩や腕等は簡単に洗い流す事が出来ますが、背中はどうしても手が届かずになかなか完璧にきれいに出来ない場合も少なくありません。また洗髪する場合は頭皮や髪の毛を綺麗にする事は意識していますが、シャンプーを洗い流す時のお湯がかかった背中等はそのまま放置してしまう事も有ります。その為、人によっては背中にシャンプー等の成分が残ったままになってしまい、その結果背中ニキビが悪化してしまう場合も有ります。これを防ぐ為には、背中ニキビが出来ていると分かっている場合は出来るだけ整髪料を使い過ぎないようにする事、肌には付着させないように注意する事が必要です。またシャンプーの成分が残ってしまうのを避ける為にも、洗髪後はしっかりとシャワーを浴びる等して肌の表面もきれいに洗い流しておきます。