セラミドの化粧品を使って肌に自信を付けよう

本当に無添加か確かめる

婦人

期限内に使い切ろう

敏感肌の人にうれしいのが無添加化粧品です。一般的な化粧品には、防腐剤などの化学成分が含まれており、それが肌の刺激になることがあります。普通肌の人でも、季節の変わり目や、アレルギーの季節などには、一時的に肌のバリア機能が弱まり、化学物質に反応することがあります。そのため、無添加化粧品はありがたいものなのです。無添加化粧品を選ぶ際は、一切の化学物質を含んでいないのか、事前に確かめることが大切です。無添加とうたいながら、実際には機能性を重視し、一般的な防腐剤の代わりとなる物質を含んでいることがあります。本物の無添加化粧品は、生鮮食品と同じように時間と共に劣化します。そのため、使用期限が定められていることがほとんどです。使用期限が定められ、冷蔵保存が求められているかどうかなど、きちんと確かめるようにしましょう。刺激を少なくするために、保存方法や使用期限が定められている無添加化粧品ですが、使用する際は、それらを守ることが大切です。そこを守らないと、逆に肌負担につながることもあるので、注意しましょう。無添加化粧品は、天然成分でできており、化粧品としての効果は非常にマイルドです。そのため、化粧水であればコットンでしっかりなじませる、そのあと天然オイルを手で温めてから肌にのせるなど、一つ一つのケアを丁寧に行うことが大切になります。正しいケアを続けると、肌の自然治癒力が増し、自然と敏感肌が改善されていきます。